後頭部だけなぜハゲない?その理由とは!?

こんにちは、リアップ番長です。

 

さて、前頭部や頭頂部はハゲるのに、

側頭部や後頭部は何故ハゲない?

同じ頭髪の中でも、なぜこんなにも違うのか?

疑問に思ったことはありませんか?

その理由は簡単で

側頭部や後頭部には男性ホルモン受容体がないからです。

なので、男性ホルモンDHTに対する感受性がありません。

もう既にご存知の方もいると思いますが、

男性ホルモンが5αリダクターゼ酵素に出会うと

男性ホルモンDHTという悪玉に変換させられます。

この男性ホルモンDHTが

毛包の毛母細胞にある男性ホルモン受容体

と結びつき、遺伝子に作用した結果、

①成長因子IGF-1が増える人は薄毛にならない

②脱毛因子TGF-β-1が増える人は薄毛になる

つまり、上記のメカニズムにより、

男性型脱毛症(AGA)を引き起こす要素は

以下の3つだということがわかります。

①男性ホルモン

②5αリダクターゼ

③男性ホルモン受容体(遺伝)

の3つの要素であり、

側頭部や後頭部には

男性ホルモン受容体が存在しないので

男性ホルモンDHTの影響を全く受けません。

なので、AGAが発症した場合、

男性ホルモン受容体が存在する

前頭部や頭頂部はAGAの影響を受け

ハゲになる可能性はありますが、

後頭部がAGAの影響でハゲる事はありません。

 

波平さんも側頭部や後頭部は無事ですよね?

頭頂部のあの1本は謎だらけですが

あの1本の生命力を早くに解明し、

育毛剤の開発に反映してもらいたいものです。

 

コメントは受け付けていません。