プロペシアで激変?その効果の本当のところは!?

発毛のイメージ画像

プロペシア(フィナステリド)の有効性について

既にご存知の方も多いかもしれませんね。

僕自身はテレビ番組で

プロペシアの存在とその効果を知ったのですが、

実際にプロペシアを飲んでいるという

医師の口から出た言葉に

衝撃が走ったのを今でも覚えています。

その医師が言うには・・・

プロペシアの効果は強烈で

継続することで抜け毛が減るだけでなく

美容的な観点から見ても「効いているな」

と思わせるほどの薄毛の回復が見込めるという

しかも桃の毛のような産毛の発毛ではなく、

ちゃんとした毛髪が生えてくる

というから驚きである。また・・

4人に1人は激変レベルの回復が見込めるそうな。

さて、そんな飲む発毛剤「プロペシア」ですが、

AGAによる薄毛に対してすごく効果的なんだそうです。

ではなぜ効果的なのか?

男性ホルモンDHT』という物質について

理解しておく必要がありそうですね。

薄毛の黒幕はこいつ!「男性ホルモンDHT」とは?

男性ホルモンDHTとは、体内に潜む薄毛ホルモン。

通常の男性ホルモンが、

5αリダクターゼという酵素と結びつくことで

活性型の男性ホルモンDHT」に変換した物質。

この男性ホルモンDHTはというと、

毛根で脱毛物質を増やします。

その結果、ヘアサイクルの成長期が極端に短くなり、

抜け毛を早め、ついには薄毛にまでしてしまうという、

毛髪に対して負のパワーを秘めた

まさに悪玉なんですね!!

プロペシアを飲むとどんな効果が発揮されるのか?

ではでは、プロペシアは薄毛に対し

一体どんな効果を発揮してくれるのか?

プロペシアの主成分であるフィナステリドは、

5αリダクターゼの活性を抑えこむことで、

通常の男性ホルモンとの結びつきをブロックし、

通常の男性ホルモンが男性ホルモンDHTに

変換しないようにする効果があります。

言い換えると、

男性ホルモンの周りに被膜が張られ、

5αリダクターゼ酵素を跳ね返すイメージ、

それにより、DHT産生が抑えられ、

AGAによる抜け毛や薄毛の進行を食い止める

という効果があるんですね。

これがプロペシアがAGAに有効に働くメカニズムです。

プロペシアの効果の実際のところは・・・

プロペシアは飲む毛生え薬だと

一般的には言われており、

発毛効果を期待している方が多いです。

ですが、プロペシアは理論上

発毛させる効果まではありません。

プロペシアで期待できるのはあくまで

「5αリダクターゼの活性を抑え

男性ホルモンDHTへの変換を一時的に阻止する」

という効果のみ。なので、

抜け毛を減らす以上の効果は期待できないんですね。

ただ、プロペシアを飲まれた方の中には

●髪が太くなった気がする

●髪が少し増えた

という意見もあるそうなので、

その体験を否定するつもりは一切ありません。

発毛効果を実感された方もいたのでしょうね。

 

ですが、そういった発毛事例はごくごく一部、

このサイトに訪問されたアナタは、

プロペシア単体で発毛させよう!なんて

絶対に考えないでくださいね。

 

コメントは受け付けていません。