カプサイシンとイソフラボン

カプサイシンとイソフラボンを同時摂取する理由

 

なぜカプサイシンとイソフラボンを同時摂取するのか?

 

 

僕は最初、成分が合わさることで成長因子が増えるのでは?

 

と考えていました。

 

 

ですが、カプサイシンとイソフラボンには役割があるのだと知りました。

 

 

まず、成長因子を増やすきっかけとなるのがカプサイシンで、

 

口から摂取したカプサイシンが、胃の知覚神経を刺激する

 

ところから成長因子の産生が始まります。

 

 

胃の知覚神経が刺激されると、CGRPという物質が知覚神経から

 

分泌され、CGRPを受け取った細胞が活性化されることで

 

成長因子「IGF-1」が作られるというメカニズム。

 

 

ただ、カプサイシンだけをたくさん摂取すると、知覚神経の中にある

 

CGRPが放出され尽くしなくなってしまうそうです。

 

当然なくなってしまったら成長因子も増えませんので、

 

当然発毛効果もストップしてしまいます。

 

 

そこで、ある成分を同時摂取することでCGRPの在庫不足を

 

解消することができるのです。それがイソフラボンです。

 

また、CGRPを補給する物質は、今の所イソフラボンしか

 

ありません。カプサイシンの変えはいくらでも利きますが、

 

イソフラボンだけは変えが効かない超重要物質だということです。