M字は植毛しかない

えっ!M字には植毛しかないって本当!?

 

M字ハゲも、ゆるかやなカーブならまだイケる!

 

「育毛剤でなんとかなる」と思うことができるでしょう。

 

 

でもベジータ並みに剃りこみが入ったM字まで進行したなら、

 

もはや「植毛しかない」と考えてしまう方もいるのではないでしょうか?

 

 

実は管理人もややM字ハゲでした。

 

 

ベジータのような顕著なMではないのですが、

 

左の剃りこみ部分が2センチほど後退してしまい

 

アナタと同じように植毛手術を受けようか悩んだことがあります。

 

 

でも、植毛手術を受けなくて正解でしたよ。

 

なぜなら、リアップX5と複数のアイテムを組み合わせて

 

ある程度薄毛から復活させることができたからです。

 

 

さて、植毛手術は、M字を克服するために

 

最も最速かつ最適な育毛法なのかもしれませんね。

 

なぜなら、自宅育毛をするよりもはるかに結果が出やすいですし、

 

なによりお金をかければ完全にM字ハゲを克服できるからです。

 

 

また、最近人気のある毛包単位移植手術なんかは

 

生え際が自然で、植毛したことが他人にバレない

 

というメリットがあります。

 

さらに言うと、脱毛率がほぼゼロに近く、AGAの影響にさらされない

 

後頭部や側頭部の毛包を前髪に移植するので、

 

手術後も植毛した部分はハゲる確率がかなり低いんですね。

 

 

でも、自毛植毛にはデメリットもあるのでここで確認してみてください。

 

 

たとえ、「植毛で前髪の生え際が復活しても育毛は終わりでない

 

これは忘れてはならないことです。

 

 

なぜなら、植毛した部分以外は、

 

これからAGAの影響を受ける可能性が高いからです。

 

アナタは薄毛体質と言う根本原因を改善していないのだから。

 

 

ということはですよ、植毛した部分はハゲませんが

 

その周辺は脱毛物質にさらされ、そして脱毛してしまうことがあれば

 

その周辺だけ薄毛になり、不自然なヘアスタイルになるデメリットだってあります。

 

 

再び植毛すればそれだけ費用もかかりますよね?

 

なので、植毛する際は良く考えた方がよろしいかと思います。

 

植毛する前も悩みますし、植毛後も悩むことだってありますから。

 

 

もし、完全に禿げていないのなら、管理人のように自宅育毛で

 

何とかする方法もあります。

 

今は全頭脱毛症で全ての髪を失った方でも

 

自宅育毛で何とかなる時代なのです。

 

諦めなければアナタにだって生えるチャンスはあります!