リアップX5は効かない?

なぜ、リアップX5の単体使用だと効果がないのか?

 

リアップX5で育毛を頑張っているけど、

 

半年以上経っても「思うような効果が実感できない」

 

という方も中にはいるのではないでしょうか?

 

 

正直管理人も効かなかった時期がありました。

 

でも、育毛について自力で調べるようになってから、リアップX5の効果を

 

阻害している存在に気づくことができたのです。

 

 

脱毛物質の存在だ!

発毛を促すリアップX5であっても、このように髪の成長を阻害する脱毛物質が

 

増え続ける中では効果は半減するってことです。

 

しかも、リアップX5には脱毛物質を撃退する成分までは配合されていません。

 

 

また、半年以上使っても効果がないということは、単体使用では効きづらくなるほど

 

AGAの進行が激しいとも考えられます。

 

 

薄毛になるメカニズムとは?

 

頭髪の中でAGAが発症する部位は前頭部と頭頂部であり、

 

側頭部や後頭部にはAGAは起こらないと言われています。

 

なぜかというと、側頭部や後頭部には男性ホルモン受容体がないので

 

男性ホルモンDHTの影響を受けないんですね。

 

 

また、AGAが発症するかしないかの運命の分かれ目は、

 

DHTを受け取る男性ホルモン受容体の感受性によって決まります。

 

さらにその感受性は遺伝によって決まり、遺伝的に感受性が強い人は

 

脱毛因子が増え、逆に弱い人は成長因子が増えるんですね。

 

 

当然、薄毛になる人は感受性が強い人であり、AGAというのは

 

髪の成長を阻害する脱毛因子の量が、髪の成長に必要な

 

成長因子の量を上回った状態だと僕自身理解しています。

 

 

だからこそ、AGAを攻略するためには、脱毛因子の量を

 

成長因子が凌駕する状態を作る必要があるのだと考えました。

 

 

リアップX5には成長因子を増やす効果がありますが、薄毛の進行度によっては

 

脱毛因子の量を成長因子が凌駕する状態を作るのは難しいのかもしれませんね。

 

なので、単体使用ではなく複数のアイテムを使う必要がありそうです。